« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年5月

治療を振り返って

私の不妊治療は結婚3年目であった去年の6月からでした。

ネットで調べた比較的家から近い産婦人科に不妊外来があるとのことで、そちら通うことにしました。

この病院はあえて毎回の状態(排卵や子宮内膜の厚さだとか)を患者には話さない方針らしく、質問してもあまりちゃんとした答えはしてくれない感じでした^^;

ネットで聞く不妊治療は毎回、きちんと排卵されているチェックだとか、今回は卵は何ミリまで育ったとか、細かく教えてくれるみたいですが、そういうのはありませんでした^^;

こう書くと、???と思われるかと思いますが、メリットとしてはわざわざ検査に行くことがなかったので、通院回数がとても少なかったことだと思います。これはかなりストレスが少ないと思います。

また、細かい状態を教えられなかったので、一喜一憂することなく、わりと淡々と治療していけた事がメリットだったと思います。

私のブログでの不妊治療の話題が、比較的淡々としていたのは、自分の性格とこの病院の性格の両方の影響だと思います。

なんにせよ、不妊治療は肉体的にも精神的にもストレスが掛かるのは必死です。

それでも、なるべく自分の精神状態をフラットにする努力が必要なんじゃないかと思います。小さい事に囚われすぎると、不安の嵐に飛び込む事になりますので・・・。

これはあくまで私個人のキモチですので、どれがいいとは言い切れませんが。

ちなみに、鍼灸院はタイミング法を半年続けて、次は人工授精だ、と言うときに通い始めました。だいたい低温期・排卵前後・高温期の月3回を4ヶ月ほど通いました。

鍼灸の先生はとても優しい人柄でしたので、安心して治療を受けることが出来ました。

アドレスを載せて置きます。不妊についての色々なお話が載っていますので、それだけでも参考になるかと思いますヨ^^

http://homepage2.nifty.com/suimeikan/

| | コメント (3)

心拍確認できました

良かった良かった~!

存在と(?)心拍が確認できました~。クールな先生も「これでおめでとうございますですね。」と声をかけてくれました。

診察を受ける前は最悪な事も考えて「泣いて帰ることになるかも・・・」などと弱気になったりしていましたが、確認が出来たときは涙が出そうになりました。

今後はこちらの産院ではなくて、地元の市立病院のほうに通おうかなと思っています。

今のところはセレブ産院なのです^^;

安定期までは1ヶ月くらいあるけど、とりあえず一安心しました~^o^

| | コメント (2)

・・・いまいち

昨日、病院行ってきました。

GW中、ずっと出張だったオットが休みをもらえた為、ワクワクしながら(バカっぽい?)二人でいつもの病院に行ってきたのですが、体重・血圧・尿検査のみで、

「診察は来週します。心拍が確認できるまで、妊娠が確定しません。この時期は2割の方は流産されますので、まだ喜ばないでください。」

だって! シビアすぎるよ、先生~。相変わらず氷のようです^^;

オットなんか「そういう言い方しないで『8割の方は大丈夫です』って言えばいいのにね。」だって。 確かにネ(笑)

と言う訳で、来週の月曜に心拍が確認できるか?という感じです。

本人(?)を信じて待つしかないようです^^;

| | コメント (2)

妊娠反応でた

お久しぶりです~。

そうなんです、妊娠反応でました。hcg注射を打っていたので、何日も検査薬使ってしまいましたが、どうやら陽性で間違いなさそうです。

病院はちょうどGWの休みなので(よりによって)、GW明けに予約を入れました。無事、育っているといいのですが・・・。

しかし~治療しててなんなんですけど、まさか自分が妊娠するなんて驚きです・・・。

直前にお気に入りブログのまるさんも妊娠されたと聞いていたので、続くことが出来て嬉しいですワ。

そうそう高温期のときにいつもの針灸院で治療を受けたのですが、そのとき妙に先生からエネルギーみたいなのが流れてくるのを感じて、治療後、体に羽が生えたように軽くなったんですよ。てっきり仕事を始めたからそのせいでやたら効果を感じたんだろうと思っていたのですが。

こないだ針灸に言って先生に報告したら「じつは前回のとき、手ごたえあったんだ。」って!たいてい分かるらしいです。でも言うと本人にプレッシャーになっちゃうから、そのときは言わないけどって。不思議ですね。

不思議ついでに、過去の吉方位旅行を調べてみたら、去年、子宝運のある南西に出かけたのの効果が今月2件あって、それのパワーもあったかも???なんて。

でもオットの昇進にも関係してたし、旅行風水、侮れないかも・・・です。恐るべし、風水!!

| | コメント (2)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »