« サロン・ド・エステジェンヌ | トップページ | たかこ@caramel milk tea »

日出処の天子

59288051_1 


超有名な山岸涼子さんのマンガですよね。

ずっと気にはなっていたのですが、古代の歴史モノだと人物関係とかが難しそう・・・と敬遠してきました。

いやはやすごい!心のそこから揺さぶられる様な、厩戸王子の狂おしいほどの心の痛み、悲しみ、毛人(えみし)との一瞬の幸せな時間。ああ~衝撃のラストから放心状態ですワ・・・。

いつ読んでも名作だと思うけど、すっかりオトナになってしまった今、人生みんなそれなりに色々と経験してから読むマンガは軽すぎて読めないものが多い。特に少女マンガは。

けれどまだまだこういったマンガがあるんだ!と希望を持つ事が出来ました。

この「日出処の天子」を書いたとき、作者は33歳だったらしい。今の自分とほぼ同い年。どうりで~

それから、「日出処の天子」を知ったのは、小学校6年生のときの担任の先生が一番好きなマンガだと言っていたのが始まり。その当時、先生は「ま、オトナになってから読んでね」って言っていたけど、確かに・・・(笑)オトナ向けのシーンもあるからね。

その担任の先生ってのが当時たぶん30代後半だったのだけど、マンガが好きみたいで、明るい先生なのにどこか悲しさみたいなものも持っている不思議な先生でした。

しかも学級新聞の名前もマンガから取って三原順さんという方の「はみだしっ子」というもの。↓アマゾンで調べた。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%BF%E3%81%A0%E3%81%97%E3%81%A3%E5%AD%90-%E7%AC%AC1%E5%B7%BB-%E4%B8%89%E5%8E%9F-%E9%A0%86/dp/4592882113/sr=8-1/qid=1171683410/ref=pd_bbs_sr_1/503-4721852-1134337?ie=UTF8&s=books

どうやらこれもなかなかの問題作?のようで、次はコレ、もしくは山岸涼子さんの「テレプシコーラ」を読んでみたいと思う。「テレプシコーラ」はバレエマンガでもあるので、エセプリマダム(笑)としては読んどこ♪ですネ。

それにしても、かなりセレクトが渋い・・先生。

|

« サロン・ド・エステジェンヌ | トップページ | たかこ@caramel milk tea »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サロン・ド・エステジェンヌ | トップページ | たかこ@caramel milk tea »